浮気調査を自分でやるなら、浮気調査のやり方に注意しよう

浮気調査を自分でするテクニック

浮気調査を自分でやるなら、どうする?

自分で浮気調査をやろうとしたら、手当たり次第に恋人や夫婦の持ち物から証拠を探すという人や、浮気の証拠もないまま浮気を追及する人もいたりします。

こうした方法で上手く浮気したことを相手が認めるなら問題はないのですが、ほとんどの場合、浮気を追及された人は、「浮気なんてしていない」と言い逃れします。

浮気をしていないと言われると、本当に浮気をしているかどうかは関係がなく、今後追及は難しくなります。
そのため、浮気を調べるなら、密かに、そして素早く調べる必要があります。

自分で浮気調査をやることにこだわっているのなら、本職の人がどんな浮気調査をしているのか、また、浮気調査で何に気をつければいいのかを学ぶのもひとつの手段です。

浮気調査を自分でやった人の中には、探偵のセミナーに参加して浮気調査のノウハウを学んでから自分で浮気調査をしたという猛者もいます。

自分で浮気調査をやるならどんな方法で、どうやって浮気の証拠を集めるのか学ぶことが必要です。

浮気調査をする時に気を付けておく事

身近な所から分かる 恋人の浮気についての可能性

恋人の浮気を疑うと気分が晴れずに、毎日嫌な気持ちで生きていかないといけません。

そこで本当に浮気しているのか調査してみるといいです。ここでは自分でできる浮気調査で比較的難易度の低い事を紹介します。


・ポケットや財布から見つける

恋人のポケットや財布をチェックできるタイミングは少なくありません。

そこで例えばホテルのレシート、コンビニのレシートなどを確認してみましょう。

自分以外の人とホテルに行っている事が判明したり、コンビニのレシートに例えばコンドームなどを2人分購入している記録が残っていれば、それは浮気の可能性が高くなります。

写真を使い映像を保存しておくのもいいでしょう。


・車の中を確認してみる

車の中には浮気の証拠になるものが残っている事は多いです。

レシートや会員カードなども財布からは見つからなくても車の中で見つかる事があります。ダッシュボードなども確認しておきます。

自分とは行った事が無いはずのサービスエリアのレシートなどが発見されたらそれは浮気をしている可能性が高まります。

またカーナビが設置されているのならカーナビの利用履歴も要チェックです。


彼が普段なら行かないような場所に行っている痕跡があるのなら、浮気の可能性も出てきます。それからごみ箱なども確認しましょう。浮気を疑うと嫌な気持ちが続きます。

いっその事、浮気をしているの確認してみるのも手です。

そしてその痕跡が見つかるのならさらに本格的な証拠を掴めるように、本腰を入れて浮気調査もするのもいいでしょう。

浮気の証拠

浮気を疑い始めると、きりがないですよね。なぜか女性はそのような勘が鋭いものです。

なんとなく浮気をしている気がする、何か怪しい、などと根拠なく心配をしてしまう方もたくさんいるかと思います。

ただ、相手に問い詰めたりする際、決定的な証拠がなければ真実味に欠けてしまいます。

携帯のメールを見てしまったという人は、最近は多い気がしますが、その際は勝手にメールを見てしまったという行為を拒否される場合もあります。

携帯を見たという以外の証拠としては、彼や旦那のシャツに口紅がついている、自分以外の髪の毛が落ちているなどがありますが、証拠を見つけてしまったら、実際怒りや悲しみがさらに込み上げてくると思います。

悪いのは浮気をした側ですが、もしその相手との関係性を終わらせたくない場合、証拠を見つけて相手を問いただすのは考えものです。

相手も問いただされて証拠もさぐられて、とされると相手側が冷めてしまうケースがあります。

証拠を探すのか探さないのか、また相手との別れたりしてもいいから罰したいのか、など証拠を見つける目的ははっきりとしておいた方がいいです。

その上で証拠を見つけたい場合は、中途半端な証拠ではなく、決定的な証拠を見つけるべきです。

浮気調査を探偵に依頼する場合いったいいくらかかるのか

配偶者の浮気調査をする場合、一番確実なのが探偵に調査を依頼する方法ですが、探偵に調査を依頼すると、いったいいくらかかるのでしょうか。

結論から言うと、調査にいくらかかるのかはピンキリです。

20万円以下で済ませることも出来ますし、100万円以上かかることもあります。

なぜこんなに料金に開きがあるのかというと、それは、どれだけの時間と人手をかけて浮気調査をするのかによって、かかるコストが変わってくるからです。

浮気調査を1からする場合、その調査対象を徹底的に調べなければなりません。

そうなると、どうしてもコストがかかってしまい、それが料金にはねかえってきます。

しかし、すでに調査に必要なことが調べられていて、後は結定的な証拠を押さえればいいだけとなると、1日〜2日で仕事が済むので、料金も安くすみます。

このように、浮気調査はどれだけ人手をかければ証拠が掴めるのかが各ケースによって違うので、料金もピンキリなのです。

それでも、あえて相場を挙げるとするなら、浮気調査にかかる費用は、だいたい40万円から80万円くらいです。

なので、探偵に浮気調査をしてほしい人は、この相場に少し余裕を持たせた料金である100万円を用意して、探偵に依頼するといいでしょう。